教会学校


by t-kibou
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カインとアベル

今日はカインとアベルという、兄弟のおはなし。
少しおもいけど...、人類はじめての殺人がおこってしまった話です。

最高の物を神様にささげた弟・アベル、一方そうではなかった兄・カイン。
神さまはアベルのささげものを喜び、それに対し、
心にねたみを抱いた兄は弟を殺してしまいます。
心の思いが、人を殺すにいたってしまう...恐ろしいことです。

聖書はこういっています。

「怒っても、罪をおかしてはなりません。
     日が暮れるまで憤ったままでいてはいけません。
            あくまに機会をあたえないようにしなさい。」

日々くらしていれば、腹が立つことも、ねたましいこともあるでしょう。
でも、すぐに、神さま、ごめんなさい...と素直にあやまれますように。

今週も主・イエス様の祝福が、あなたの上にありますように^^*

c0112844_2119360.jpg

チューリップの咲く季節です^^
[PR]
# by t-kibou | 2008-04-20 21:29

☆進級式☆

サクラ咲く・・
4月に入り、入学シーズンですね^^
教会でも5名のおトモダチがハレて、入学をむかえます。

c0112844_20182635.jpg

少しずつおとなっぽくなってきました^^ 中学生になるM君、Aちゃん
それぞれ希望校にみごと合格した!Mちゃん、Sちゃん
そして、ナント5月にママになるEさん(中国の方です)もこの春から、大学院生です^^

ひとりひとり期待に胸をふくらませながら、いよいよ新生活スタートです^^☆
みんなにい~っぱいの主の祝福がありますように ☆"

c0112844_20183895.jpg


満開のサクラ~ ^^

[PR]
# by t-kibou | 2008-04-06 20:23
3月23日は、イースターでした^^

イエスさまが十字架にかかられ死なれたのち、
よみがえられたことをお祝いする日です。

この日、教会学校では、毎年こうれいのタマゴさがしゲーム!

そして、今月ひっこしをする、
Mちゃん、Yちゃん、Tちゃん3姉妹のさいごの日でもありました...。

とおくはなれていても、神さまの家族だよ!
これからも、いっしょに神さまをみあげていこうね^^
c0112844_2274617.jpg

[PR]
# by t-kibou | 2008-03-24 15:54

受験シーズン到来!

受験シーズン到来。
この教会でも数人の受験生のみんなが勉強に励んでおります。
そのさなかに、お誕生日をむかえお祝いのケーキも
しっかり!食べて心にゆとりのあるMちゃん(≧▽≦)

じぶんの受験生活をふりかえると、ピリピリして余裕というものがなく
家族を巻き込んでおりましたが ^^a、 みんなは、マイペースで
がんばっている、そんな姿に感心します。(もちろん、それぞれの思いはあるだろうけどね^-' )


" 何も思い煩わないで、あらゆるばあいに、感謝をもってささげる祈りと願いによって、
あなたがたの願いごとを神に知っていただきなさい。
そうすれば、人のすべての考えにまさる神の平安が、あなたがたの心と思いを
キリスト・イエスにあって守ってくれます。  聖書 ピリピ 4:6"

春はもう来ているよ^^

[PR]
# by t-kibou | 2008-02-11 22:25

マルタとマリヤ

今日は聖書の中でも有名なお話の1つ「マルタとマリヤ姉妹」の話。

お客であるイエスさまを迎えるため、おもてなしに忙しむ姉マルタ。
かたや、イエスさまのそばにすわり、話をきくマリヤ。
なんの手伝いもしない妹にハラをたて、「なんとかしてくださいよ!」とイエスさまにつめよる姉。

どこの家庭にもあるような風景かもしれませんね (笑)

この話から2つの大切なことに気づかされました。

1 自分にできる最高の奉仕はなに?

姉マルタの失態はイエスさまに、「不平をぶつけた」ことでした。
大切なのは、ひとそれぞれにタイプがあり、役わりがあるということを知ることです。
マルタは給仕をすることでもてなし、マリヤはお客さまと話をすることでもてなしたのです。
学級委員になるコもいれば、モノマネでクラスを盛り上げるコもいます。
おとなしくてもその場を和ませるコもいます。どのコも必要です。
大切なのは、自分にできる最高の奉仕をすることを、イエスさまは喜ばれるということなのです。
ひとと比べなくてよいのですね^^

2. 神さまのみことばを求めることを第一に

「マルタ、マルタ。あなたは、いろいろなことを心配して、気を使っています。
しかし、どうしても必要なことはわずかです。いや、一つだけです。」

これは、つめよったマルタに対して、イエスさまがいわれたお言葉。

もしマルタが、この後も、もてなし尽くしで結局イエスさまと話ができなかったら、悲しいですね。
それに対して、イエスさまは注意をうながしています。

ただでさえ、忙しい現代。。。1日はあっという間にすぎさります。
心の余裕をもって1日を過ごしたいものですね。
その余裕こそ、クリスチャンにとっては、まず神さまの前に出ることではないでしょうか。
それは聖書を読み、祈ること。
宗教改革で有名なマルティン・ルターは「私は忙しい。だからこそ、一日に数時間、
神の前に静まり、聖書を読み、祈ることなくして毎日を送ることはできない。」と語ったそうです。

神の導きを求めて、1日をスタートしませんか?^^
今週もみなさまの祝福をお祈りいたします☆☆
[PR]
# by t-kibou | 2008-02-03 21:50